創業・起業ステージの経営課題をサポート | カスタマイズ顧問サービス

〒105-0001
東京都港区虎ノ門1-16-6 虎ノ門ラポート6階
TEL:03-6205-4745

トップページ パートナー企業 料金表 事務所案内 ご挨拶 アクセス お問合せ
カスタマイズ顧問サービス
創業・起業ステージの経営課題をサポート

企業の創業時、創業者は得意な分野の技術やサービス、情報を基礎に、大きな夢を胸に抱き会社を興します。
もちろん、これから事業を通して提供する技術やサービス等は既に自信を持っている方がほとんどですが、企業経営に関してはいかがでしょうか?

資金調達や運用、日々の売買業務に関連して発生する受発注業務から売掛買掛の管理、場合によっては手形の管理等も想定されます。また、銀行への融資交渉や補助金申請、受注が軌道にのりだせば、人材の募集から管理および教育など、企業経営には主業務に付随して様々な業務が必要になってきます。

小宮山会計事務所は、あなたの会社の一番身近な経営相談者として会計顧問サービスを主に、必要な時に必要なサービスを提供させて頂きます。

役員報酬ってどうするの

事業計画策定支援のイメージ写真創業して間もない経営者の皆さん、分からないことがたくさんあるのでは?

ご安心ください、はじめから一通りの知識を備えている方は圧倒的に少数です。役員報酬を損金に計上するためには、法人税法では原則として“定期同額”であることが求められています。この法律上の要件をクリアしていないと、とても残念なことになりかねません。

また、大まかな粗利益の計算は出来ていても、年間の利益予測まで出来ているでしょうか?

言うまでもなく、利益は会社が存続していくための最低必要条件です。そして、利益の予測が見えてくれば、利益に対する税金はどうなるのであろうという不安も大きく軽減されるでしょう。決算前に十分な準備時間がれば、きちんとしたやり方で節税できる可能性もあります。それでも最終的には納税となったとしても、納税資金を工面するのに四苦八苦するような事態は回避できるでしょう。

また、「大丈夫、手元にお金がないから、うちの会社は利益が出ていないよ」と真顔で言われる方もいますが、実は利益が出ている!というケースをよく見かけます。これは資金繰り(キャッシュフロー)と会計上の損益がイコールではないことに原因があるのです。手元にお金がないのに、実は利益が出ていて多額の納税が後から・・・というのが怖いパターンなのです。

事業計画をしっかりと策定し、事業シミュレーションを実施する事で、売上と利益と資金繰りの関係を見通すことで安心して、本業である事業そのものに取り組んで頂く事ができます。

成長スピードに合わせ、サービスをカスタマイズする事で企業の成長・発展・存続を実現します。

資金調達支援のイメージ写真銀行へ融資を申し込むには?
融資を申し込むとき、事業計画が必要って聞いたけど?
銀行から借入れしたけど、計画どおりに返済できるか不安・・・

例えば、あなたがとても親しい友人から1万円を貸してくれと頼まれたとき、あなたはその友人の人柄や事情、職業、だいたいの収入などを判断材料としてお金を貸すかどうか判断できるでしょう。
では、今まで取引のない新しい会社から融資の申し込みを受けた銀行はどうでしょう?

当然、その新しい会社と銀行との間には面識など一切ないわけですから、融資できるかどうか、何かしらの判断材料がないと融資できないということになります。このときの重要な判断材料の1つとして事業計画は位置づけられます。銀行は貸付金を回収して利息を得ることが商売なわけですから、この会社に融資して貸付金を回収できるかどうか、利息を取れるかどうかという視点から事業計画を見る(審査する)こととなります。

このことは、会社にとっても重要なことです。借入ありきで無理な事業計画を立てても、結局は会社の財務内容は悪化してしまうでしょう。損益分岐点や月次ベースでのキャッシュフローをよく見極めながら、無理のない計画を立てることが必要です。また、小宮山会計事務所は経産省認定の支援機関として、地域の金融機関と連携しながら仕事をさせていただいています。

成長スピードに合わせ、サービスをカスタマイズする事で企業の成長・発展・存続を実現します。

経営管理のしくみ作りのイメージ写真業務量も増えてきた、扱う金額も増えてきたので、経理の流れを構築したい
経理スタッフの負担を減らしたい
損益などの実績が出てくるのが遅い
実はきちんとした給与の決め方があるような、ないような・・・
時間がないので面倒な帳簿付けを委託したい・・・

仕事=売上が増えてきて、人材(従業員)も増えてくると、社内で処理しなければいけない経理業務も増えていきます。これらの業務を担当するスタッフに余裕がある会社は・・・中小企業では難しいですよね。

例えば、損益などの実績を計算するために経理スタッフを増員すれば、より早く計算結果は出てくるでしょうが、そこにコストをかけられるのかということです。私たちは、まずはスタッフを増やさずに経理業務を効率化できる方法をお客様と一緒に考えます。クラウド型の会計システムの導入は、選択肢の1つだと考えています。特に部門が複数ある、多店舗展開していて、部門ごと店舗ごとの業績を把握したい会社の場合には大きなメリットが得られる場合があります。

もちろん、自分は営業や開発業務に専念して、経理業務は思い切ってアウトソーシングするというのも1つの選択肢です。
なにが“最適”であるかは会社によって違うのですから。

成長スピードに合わせ、サービスをカスタマイズする事で企業の成長・発展・存続を実現します。

月次会計レポートのイメージ写真月次レベルで試算表などを作成する目的はどこにあるのでしょうか?
誤解を恐れずに言えば、月次会計レポートは所詮、ただの紙切れです。重要なことは、月次会計レポートが経営者と税理士が会話をするためのツールとなりうるという点です。

売上が増えているのに粗利益が減っているのはなぜか?
今月度だけ特定の経費項目が増加したのはなぜなのか?
利益は出ているのに資金繰りが厳しいのはなぜなのか?
銀行借入れのために、いつ動き出すべきか?
決算対策を、どのタイミングで、どの程度の規模で実施すべきか?
Etc

月次会計自体は過去の結果を反映した数字に過ぎません。
しかし一方で、実態を反映した姿が月次会計であるとも言えます。
実態の分析を手がかりにして、未来の経営を見据えることが月次監査の重要な役割なのです。

成長スピードに合わせ、サービスをカスタマイズする事で企業の成長・発展・存続を実現します。

企業の経営課題は各企業毎に非常に複雑かつ多岐にわたります。小宮山会計事務所では基本顧問サービスのほかに、抱えている経営課題を解決するために、各専門分野のパートナーと協力し、皆さまの抱えている課題に取り組むために、以下のオプションメニューをご用意しております。

経営戦略策定支援

●経営理念/ビジョン/ミッション策定
●経営計画策定実行支援
 目標設定、機能別戦略、実行計画および評価

人材戦略支援

●採用支援
●キャリア開発支援
●組織構築支援
●人事制度構築支援

情報戦略支援(IT支援)

●会計業務のIT化支援
 会計レポートの他、オリジナル管理会計情報
●販売業務のIT化支援
 販売管理システムの導入、運用支援
●給与業務のIT化支援
●製造業務のIT化支援

マーケティング戦略支援

●商品、技術開発支援
  商品企画、設計、試作製作、評価、量産化
●プロモーション支援
  WEB戦略構築およびHP作成、展示会出展、
  パブリシティ広告支援